コミュニケーションマーク

「コミュニケーションマーク」は、常に変わらず北天に輝く「北極星」と、「水産」の「水」の字とを重ね、図案化したものです。(以下、「ポラリスマーク」と呼ぶ。)

この「ポラリスマーク」は、東京海洋大学品川キャンパスの前身である旧「東水大」(東京水産大学)の校章をもとにしたものであり、現在でも構内のマンホールなどでよく似た意匠を確認することができます。

「北極星」のモチーフは、かつての「東水大」をはじめ、水産大学校、全国の水産高校・水産試験場など、水産に関する機関で共通して使用されていたモチーフであり、こうした機関の卒業生や水産関係者には、見慣れた親しみあるモチーフです。

なお、よく似たモチーフとして「コンパス」のモチーフがあります。目標物の見えない大海原にあって、進路を示す道しるべである「羅針盤」のモチーフは、東京海洋大学越中島キャンパスの前身である旧「東船大」(東京商船大学)をはじめ、海上保安庁、全国の商船高専など、海事に関する機関で使用されてきました。